2018年8月11日土曜日

医療観光でトルコを訪れる人が急増

<トルコとの貿易・輸出入、トルコへの投資、トルコ進出を考える日本の企業様へ>

トルコを医療観光で訪れている人の数が急速に増えている。

医療観光とは、医療を受けるために自国以外の国へ渡航すること。
2007年にトルコを医療観光が目的で訪れた外国人の数は75000人であった。
2014年には36万人、2017年には70万人と、毎年急速に数を増やしている。
2018年には少なくとも85万人の患者が治療のためにトルコを訪れるとされており、さらにこの数字は伸びるのでは、との見方も出ている。

Photo by AC

医療観光でトルコを訪れる人は、価格、品質、技術や施設などの理由からトルコを選んでおり、欧州の多くの国よりも人気が出ている。
ドイツやロシア、アゼルバイジャンやイギリス、オランダからも来訪している。



トルコの医療事情
トルコの国内には、医療の質と患者の安全性を国際的に審査するJCIが認証する医療機関がある。
トルコ国内にJCIが認証する医療機関は54か所あり、認証医療機関を持つ58か国中、数でみれば21%を占めている。
こういった高品質のサービスに加えて料金が低価格であるということも注目されている。
施術によっては他国の10分の1ほど場合も多い。

トルコ、ファッションブランドの海外進出が好調

<トルコとの貿易・輸出入、トルコへの投資、トルコ進出を考える日本の企業様へ>

トルコのブランド協会によると、トルコのファッションブランドは海外で急速に市場を拡大しており、毎日平均2店舗が国外でオープンしているという。

国内での収益率が下がっていることから加速している国外への進出により、2018年初めには3150店であった国外店舗が2018年末には4000店舗に近づくとみられており、2020年には6000店舗になるのではと推測されている。

トルコのブランドが最も多く海外店舗を構えているのはロシアであり、それ以外にもウクライナ、カザフスタン、アゼルバイジャンなどの独立国家共同体諸国での出店が41パーセントを占めている。



トルコのブランドColin's 
Photo by Forbes


トルコの繊維・アパレル業
トルコの繊維・アパレル製造業は低コスト・高品質で知られ、近年アパレルの生産地としての地位を構築してきた。

生産力では一定の評価を得ていたトルコのアパレル産業だが、近年注目を浴びているのはそのデザイン力である。

トルコを代表するファッションデザイナーのメタップ・エライディの服は世界19か国で販売されている。他にもヨーロッパで修業を積んだデザイナーが数多く頭角を現しており、今後のさらなる展開に期待が寄せられている。

2018年7月22日日曜日

トルコフードフェスティバルが開催!

<トルコとの貿易・輸出入、トルコへの投資、トルコ進出を考える日本の企業様へ>


2018年7月14日(土)、東京芝公園にてトルコフードフェスティバルが開催されました。
入場無料に加え、25種類のトルコフード・飲み物まで全て無料ということで食べ物には長蛇の列ができました。

トルコ経済省、地中海輸出者協会、トルコ輸出者会議が主催したイベントで、トルコ料理の他にもトルコ音楽や民族衣装に加え、トルコの伝統的なレース編みや、「デズヒップ」と呼ばれる細密画を体験出来るワークショップも実施されました。






ただただ、この日も東京は35度越えを記録し、よくぞ、皆さん炎天下のもと、並んでいらっしゃいました。
                   

2018年7月19日木曜日

トルコ関連セミナーが開催されます

<トルコとの貿易・輸出入、トルコへの投資、トルコ進出を考える日本の企業様へ>

2018年7月31日に、日本・トルコ協会より、第6回トルコ・セミナー「トルコ現代史の新たな幕開け:ダブル選挙のインパクト」と題したセミナーが開催されます。
講師はJETROアジア研究所・研究員の今井宏平氏です。

以下が詳細です。
日時:2018年7月31日(火) 15:00~17:00 (14:40 受付開始)
場所:伊藤忠商事東京本社ビル(東京都港区北青山2-5-1 東京メトロ/銀座線 外苑前駅)
テーマ:「トルコ現代史の新たな幕開け:ダブル選挙のインパクト」
講師:今井宏平氏 日本貿易振興機構(ジェトロ)アジア経済研究所・研究員
プログラム:14:40 受付開始
                        15:00 開始(講演及び質疑応答)
                        16:30 名刺交換会
                        17:00 終了
申し込み:日本・トルコ協会事務局へ、電子メールまたはファックスにて、下記事項を明記の上、7月24日(火)までに申し込みをお願いします。
Email: info@tkjts.jp Fax: 03-3497-8038
① メールの場合:件名に「トルコ・セミナー(7/31)」と記載ください。
 FAXの場合:本文に「トルコ・セミナー(7/31)参加希望」と記載ください。
②氏名 ③貴社名 ④所属部署名 ⑤御役職 ⑥電話番号(日中連絡先)
(事務局からの返信がない場合は、お知らせくださいますようお願い致します。)
参加費: 日本・トルコ協会 役員/法人会員/個人会員:無料、 一般:2,000円
定 員: 60名程度(先着順)
※セキュリティーの都合上、事前申込のない方のご参加は受付できません。ご了承下さい。

最新のトルコ情勢
トルコでは、7月18日に2016年7月のクーデターから続いていた非常事態宣言が解除されました。非常事態宣言は、これまで7回にわたり延長されており、今回の解除はテロ対策法が成立したことで、非常事態宣言解除後も機敏にテロに対する行動を起こすことが可能になったことが理由であると考えられています。
6月24日に行われた大統領選挙で再選したエルドアン大統領の下で体制の改革も進んでいるトルコ。情勢の変化も激しく、経済面でもインフレ率が6月には過去14年で最高になるなど、動きが活発です。

今後どのように、新エルドアン政権のもとで動いていくのか。
今回のセミナーは専門家からの見解を学ぶいい機会貴重な機会となるのではないでしょうか。



2018年7月12日木曜日

三菱日立パワーシステムズ、トルコで長期部品管理・保守サービスを受注

<トルコとの貿易・輸出入、トルコへの投資、トルコ進出を考える日本の企業様へ>

三菱日立パワーシステムズは(MHPS)は、トルコの独立系発電事業者(IPP)であるゲルマット社が運転する地熱発電所から長期に渡る部品管理・保守サービスを受注したと発表しました。

受注の対象である発電所の1号機と2号機共にMHPSが受注し製作したものであり、それぞれ2009年、20015年から運転をしています。

受注サービスは今後7年間の契約で結ばれており、その後の契約延長も可能となっています。MHPSが地熱発電のサービスでこのような受注を受けることは初めてであり、”欧州サービス部門の優秀な人材を活用したサービス提案が高く評価されたものである”(MHPS 公式ホームページより)としています。


photo by MHPS 公式HP

今回対象となる発電所はゲルメンチック地熱発電所という名前で、エーゲ海にほど近いトルコ第3の都市、イズミル(Izmir)の南約60キロメートルのアイディン県(Aydin Province)に位置しています。

アイディン県(Aydin Province):
およそ15万人の人口を持ち、トルコの重要な農業生産地域。
特にイチジクの生産地としては有名であり、その他にもオリーブ、栗、綿、柑橘類などが生産されている。

日本の地熱発電
日本の地熱発電資源は、アメリカ、インドネシアに次いで世界第3位と非常に高いポテンシャルを秘めています。それにも関わらず、日本国内の発電電力量に占める地熱発電の割合はわずか0.7%しかありません。日本国内ではまだまだ活用が遅れている地熱発電ですが、日本の持つ地熱発電関連技術は世界で非常に高く評価がされていることをご存知でしょうか。

地熱発電用のタービンでは、三菱日立パワーシステムズ、東芝、富士電機などの日本企業が世界シェアの大半を占めています。
三菱重工は、火山大国として有名であり、1年間の電力消費量の約25%を地熱発電で賄うアイスランド発で、世界有数の地熱発電事業会社、レイキャビク・エナジーと協業関係を結んでおり、実際にアイスランドへの地熱発電設備の納入も行っています。

東芝は1966年に国内初となる地熱発電所に、地熱発電用のタービンを納入。現在までに全世界に50を超えるユニットを納入してきています。東芝のタービンは発電能力では世界のトップシェアを保持しており、日本の高い技術を持ったものづくりの力はこう言った場所でも生きていることを再確認することができます。

このように世界各地で存在力を発揮している日本企業との技術。今後の益々の活躍に期待です。





2018年7月5日木曜日

トルコの一部輸入関税率が期限付きで0%に

<トルコとの貿易・輸出入、トルコへの投資、トルコ進出を考える日本の企業様へ>

トルコ政府は、2018年7月1日より一部の輸入品の関税を期限付きで0%に引き下げると発表しました。

対象となる品目は、トルコ本国で生産のできない原料品の1,882品であり、適用期間は品目によって2018年末~最長で2022年12月31日までとなっています。

Photo by JETRO

トルコでは、昨今貿易収支の赤字が拡大しており、今回の措置は、国内で生産することのできない原料を国外から安く仕入れて国内企業に提供することで、産業製品の国際競争力を高めることが目的であると考えられます。

トルコからはEU向けの輸出が伸びており、2018年5月の貿易高は前年比19.3%増となっています。逆にトルコと日本との貿易取引量はまだまだ少なく、トルコから日本への輸出は輸出総額の0.3%、日本からトルコへの輸入総額も2%ほどにとどまっています。

現在トルコに拠点を持つ日本企業の数は188社。2018年第1四半期の実質GDP成長率は前年同期比7.4%と市場の予測を上回ったものの、先日の大統領選などを踏まえた国内情勢の変化で、第2四半期からは変化の兆しが見えるのでは、との予想もされています。

トルコの景気変動と、今回の関税率引き下げが日本とトルコの貿易関係に与える状況は今後も要チェックです。

2018年6月27日水曜日

トルコのサクランボ、アジアにも上陸!

<トルコとの貿易・輸出入、トルコへの投資、トルコ進出を考える日本の企業様へ>

サクランボの生産量が世界一のトルコ。
毎年欧州とロシアに輸出され、好んで食べられているフルーツですが、今年は新たに市場参入した中国とマレーシアでも人気を博しています。

特に「ジラート900」と呼ばれる品種で世界に急速に輸出を伸ばしているトルコのサクランボ。大ぶりで甘みが強いことが特徴です。

今シーズンは、毎週10 トンのサクランボが航空機を使って東アジアに運ばれています。
2019年のシーズンはすでに週20-30トンが送られる見込みが立っており、生産者も需要に応えるために努めています。



Photo by TRT

トルコは、ナッツやフルーツが美味しいことで有名ですね。
トルコ産のナッツは粒が大きく、味が濃いため日本やヨーロッパでもよく好まれています。
鮮度が命のサクランボがトルコから東アジアへ輸入される。交通網の発達に驚いてしまいますが、トルコ産のサクランボ、食べてみたいものです。